革を引っ張って筋肉痛になろう(なろう系)

2019.01.13 Sunday

0

    こんばんは、プシテロasaiです。

    今回は革のお話です。

    革製品の真骨頂は手縫いの美しさだと信じて疑わないのですが、布にはない表現方法として立体整形があります。

     

    ざっくり説明すると無加工の革(ヌメ革)は濡らして乾燥させると少し縮むのですが、濡れた状態で強引に伸ばすと少し伸びます。それを利用して頑張ればそれなりの立体感が出せる。そんな感じです。

    ただ、どれぐらいなら表現出来て、どれぐらいの立体が成形不可能なのでしょうか。

    今までは銃や鯛焼きなどの比較的薄い板状ものに挑戦してきました(それでもそれなりに大変でした)が、一度限界に挑戦してみたいと思います。

    ※正確な形のトレースという意味ではなく一枚革での半球のような立体感への挑戦になります

     

    具体的な内容は、革を濡らして、引っ張って(押して)伸ばして、乾かして、また濡らしてを繰り返してどれぐらいの立体が可能かを挑戦してみます。

    もちろん革の厚さ、やり方や環境、特殊な工具の有無や知識にもよると思いますので現在の自分の制作環境(特殊な工具無し)で革の厚さは一般的な1.2mmで限界を目指します。

    実験とはいえ半球を作っても面白くないので立体のスカルを作りましょう。

     

     

    ヌメ革を濡らして

    引っ張って

    乾かして。

    握力がやられてしまうためペンチも使用します。

    8セットぐらい繰り返します。

     

     

    後半、変化が少なくなってきたのでこの辺りが限界のようです。

    しわを消しきれず若干残ってしまいました。

     

     

    ここまでの立体はさすがに不可能なようです。

     

     

    続いて黒く染めます。

    もしかしたら染料で革が若干縮んでしわが消えるかもしれませんし、色がつくことでしわが目立たなくなるかもしれません。

     

     

     

    色がつくことでしわは目立たなくはなりましたが、消えたわけではありませんし減りもしませんでした。

    んー。放棄するにしては良い出来なので次回、何か作りましょう。

     

    ほら、物づくりブログ(だっけ)の本領発揮です!

     

     

     

    イタズラ心とスカルのTシャツ屋さん、だっけ

    pussy terrorist

    http://pussyterrorist.com

    コメント
    コメントする

      ≫ pussy terrorist TOPへ