革でアーマーリングを作ろう(アーマーリングは作らない)5

2020.02.29 Saturday

0

    こんばんは、プシテロasaiです。
    アーマーリング作りですが、長くなってきたので一度過去のあらすじをまとめます。

     

    1回目、紙で型紙を作成し、安心して飲みに行く。反省はしない。
    2回目、指1本分が完成。結婚式の二次会から午前二時まで飲む。反省はしない。
    3回目、指5本分完成。メルカリで遊びだす。反省はしない。
    4回目、全パーツの切り出し終了。ココイチに行って食べ過ぎて寝込む。反省はしない。

     

    順調に頑張ってきましたね。(異論は求めておりません)

     

    では早速、前回切った革を染めて、断面処理します。

     

     

    パーツをドンドンつないでいきます。

     

     

    さらにドンドンつないでいきます。



     

    これで完成です!


    アーマーリングではなくガントレットを作りました!
    (全身鎧はさすがに無理です)

     

     

    二度と作ることは無いでしょうが反省点としては以下があります。
    ・指の関節は実際の関節に忠実に合わせるよりも関節数を多くした方が使いやすい
    ・手の甲も伸びるので突っ張らないように複数パーツに分けた方がいい

    つまりパーツ数を倍(40→80)にしてあと2、3回試作品を作り直して改良すれば商品化も出来そうですがしません。

     

    とりあえずやっと完成したので完成祝いにパーッと飲んできます!

    イエイ!

     

    飲みすぎると翌朝、帰り道で買ったであろう食べ物が大量に玄関に置かれていることが多いので

    これを神様の贈り物『ギフト』と名づけました。

     

     

     

     


    反省はしない。
    pussy terrorist
    http://pussyterrorist.com

    コメント
    コメントする

      ≫ pussy terrorist TOPへ