ホワイトデーはなぜ今日なのですか?

2019.03.10 Sunday

0

    こんばんは、プシテロasaiです。もうすぐホワイトデーですね。
    大筋では理解しているつもりですが間違ったことは書けないので念のため調べてみました。

     

    ホワイトデーは、バレンタインデーにチョコレートを貰った男性が、お返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日。
    269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌス司祭(バレンタインデーの元ネタの人)は殉教したが、3月14日に2人が改めて永遠の愛を誓い合ったことに由来する。

     

    あら、元々は一応白いものをお返しする日だったんですね。
    自分は最初からお菓子や消耗品、雑貨等でお礼の気持ちを表す日だと思っていました。

     

     

    しかしホワイトデーという言葉、何の知識もなく翻訳すると「空白の一日」って感じがしてホラー感すらありますね。

     

    あ、今いいこと言いましたね。ホラー感!、今年はホラー感をテーマにしたいと思います。
    つまりはお礼を準備するのはもちろんなんですが、それだけじゃ贈り側も面白くないはずです。
    義理チョコのお礼なのに手紙とかメッセージとか付けたいですよね。

     

    まず、プレゼントはクッキーでもマカロンでも雑貨でも開封して少し形を崩して手作り風にしてから、個別に包装しなおします。
    もちろん封筒も同封しておきます。こっちがメインです。

     

    封筒の中身は

     

    バレンタインにもらった市販の(LOVEとか書いてある安い)チョコをネックレスにした写真を同封して
    手書きの手紙に「バレンタインデーのプレゼントとメッセージ、本当にうれしかった。僕もずっと同じ気持ちでした」

     

    とか

     

    「大切な僕の○○(下の名前) 来年も再来年も、ずっと一緒にいようね。大好きだよ」

     

    とか、もう考えるだけで楽しいですよね!
    渡す相手を間違えたと思われないぐらい名指しにするとか写真付きとかがいいですね!
    受け取った相手は恐怖しかないでしょうけど。

     

    ウフフフフフフ、楽しい!


    ウキウキしながら頂いた女性をリストアップします。


    ・友人
    ・会社の人
    ・姪(小学生)

     

    ・・・

     

    あ、これ本当にやったらヤバイやつだ。。。(我に返りました)

     

     

     

    ホワイトデーはWhy today?
    pussy terrorist
    http://pussyterrorist.com

    クール&フィーバーズ計画

    2019.03.03 Sunday

    0

      こんばんは、プシテロasaiです。

      去年婚活に失敗してゴム製のハトと幸せな結婚をした親友ですが、バレンタインデーに「ドラムを始めたい」と言い出しました。

       

      モテたい→バンドマンはモテる→歌は上手くない→楽器は出来ない→ドラムなら出来そう→モテる

      追及は避けましたが、状況的にきっとそういうことだと思います。言葉ではなく心で理解しました。

       

       

      わかりました。ファンが!取り巻きが!囲いが!欲しいんですよね。わかります。

      ではこういうのはどうでしょう。

       

      ・バンド活動を配信して囲いを作る。極論ライブなんてしなくてもいい。

      ・目標はCDデビューでもなく武道館ライブでもなく、取り巻きを作ること。モテること。

      ・今から始めても練習時間や演奏技術等、必要なものがいろいろ足りないのでみんなに『楽しい』と思ってもらえることに最重点を置く。

      ・楽曲もボーカルの歌唱力もルックスもメンバーの演奏技術も重要視しない。

      ・バンド活動は一応するもののただコンセプトがバンドだという認識で構わない。

       

      さらに一歩進めてこういうことでどうでしょう。

       

      ●設定

      歴史上最も偉大なアーティストといわれたロックスターの伝説。

      これはまだ無名だったクール&フィーバーズが史上初の世界音楽の統一を成し遂げるまでの活躍を描いた奇跡の物語である。

       

      バンド名:「クール&フィーバーズ」

       

      メンバー:

      ・グレイトフル半蔵、マスターニンジャ(なにも担当しない)

      ・ミシガンのゴブリン、マウンテン山田(ドラム初心者)

      ・噴煙するクジラ、アンシュガー伊藤(キーボード担当)

      ・三途のサムライ、ゴーゴー豊田(キーボード担当)

       

      追加メンバー(仮):

      ・ヴィヴァルディの揺り籠、ボスティー箱舟(ボーカル担当)

      ・バッハの雄叫び、セクシーナイアガラ(ボーカル担当)

      ・コンコルドのイカヅチ、トレハロース佐藤(ギター担当)

      ・1デシベルの銃声、ワールドエンド遠藤(ベース担当)

       

      ライバル:「デスフィーバーズ」

      ・あごまゆげ(ボーカル担当)

      ・くそスキニー(ギター担当)

      ・くそきのこ(ベース担当)

      ・くそめがね(ドラム担当)

       

      ●シチュエーションと活動内容

      毎回、『ライブ終了後の打ち上げ』という設定で居酒屋トークを収録。

      収録は週に一回、30分。編集して10分程度の動画を配信。ほぼアドリブのシチュエーションコメディ。

      (架空の)ライブでの事件、新規メンバーの勧誘や、作詞、会社の愚痴、プライベートの愚痴等。

      打ち上げなので設定を無視して普通に本名で呼び合う。

       

      ●主な活動媒体

      メインは動画(youtube)で活動。様子を見て生配信(ニコ生、ツイキャス、イチナナ)もあり。

       

      ●現状で足りない人材

      ・必須

      アドバイザー(基本的な音楽・ライブ知識ある人)

      基本的な撮影関連の知識があって実際に撮影をお願いできる人

      基本的な配信関連の知識があって動画編集までお願いできる人

      囲い

       

      ・任意

      曲を作れる人

      それなりに歌の歌える人

      それなりに楽器の出来る人

       

      ●第一話「さよならクール&フィーバーズ!!」の進行の流れ

      ・オープニング

      ナレーション『歴史上最も偉大なアーティストといわれたロックスターの伝説。これはまだ無名だったクール&フィーバーズが史上初の世界音楽の統一を成し遂げるまでの活躍を描いた奇跡の物語である。』

      タイトル表示『クール&フィーバーズ -世界一アレなロックスター伝説-』

      15秒程度のライブ映像(メンバー紹介と客の盛り上がり)

       

      ・本編

      ライブ帰りのマスニンとマウンテンがいきつけのバー最奥のテーブル席にて乾杯をするところからスタート

       

      今日のライブが散々だった

        ↓

      タイバンのデスフィーバーズのほうが盛り上がっていた。

        ↓

      デスフィーバーズの悪口が始まり、ついでにいろんな悪口を続ける。(天気も気に入らいらない、実家のミカンが腐ってた等)

        ↓

      自分たちのどこがダメだったのか相談し始める

        ↓

      やっとボーカルがいないことに気が付く

        ↓

      ボーカル募集に乗り出す

        ↓

      第一話終了

      第二話の告知

      マスニン「次回、クール&フィーバーズ」

      マウンテン「第二話、黄金(きん)色のめざめ!!」

      声をそろえて「「クール&フィーバーズ!」」

       

      イメージが膨らんでまいりました。これはいけるんじゃないでしょうか。

      何かしら軽微なズレがあるといけないので、親友に「こういうことであってる?」と念のため確認した結果、

      「合ってる」

      と言われました。

       

      マジで?!

      はい、クール&フィーバーズ始動!

       

       

       

       

      exploding kittens!(さあ、子猫ちゃんたち! ハジけようぜ!)

      pussy terrorist

      http://pussyterrorist.com

      ベイプ。ブタじゃないほう。2

      2019.02.24 Sunday

      0

        こんばんは、プシテロasaiです。
        前回から引き続き、ベイプケース製作中です。(前回は味噌煮込みうどんを食べただけ)

         

        前回のイメージ図

         

        まずは内側から製作して行きます。本体とタンクのスペースを確保します。
        衝撃吸収と仕切りとして強度が欲しいのでヌメ革を使用。

         

         

        たぶん接着でも問題ないのですが、安心して持ち運べるように底を縫います。

         

         

        別パーツで底を準備して、これで収納部分の完成です。

         

         

        あとは見た目ですね。

        整形とフタの結合の為、外側を1周、フタ以外を黒く染めたヌメ革を張ります。

        さらに表面に良い感じの革を張ります。

         

         

        そろそろ仕方がないので縫います。

         

         

        フタを切り出して、中に磁石を仕込んだ状態で縫います。

         

        最後に表面にレザーコートを塗って完成!

         

         

        開く

         

         

        アトマイザーは2つ



         

        これ、贅沢に革を使い過ぎですね。
        手持ちの革が無かったんで、急遽ハンズで買い足したんですが、材料費だけで飲みに行る金額です。(もちろん飲みにも行きました)

         

         

         

        今日を生きることが好きになる
        pussy terrorist
        http://pussyterrorist.com

        テロリストの制服

        2019.02.17 Sunday

        0

          ハローエブリ=ワン・ケノービ!(挨拶)

          こんばんは、プシテロasaiです。

           

          テンションがアレなのは、なんだかもう作らなきゃいけないTシャツがありまして!
          いえ全然作らなくていいんですが、作っておかなきゃいけない気がするんです。
          作りさえすれば満足するので温かい目に見守ってください。
          (※売り物ではありません)

           

          そんなあれで今回は(も)勢いのみでTシャツを作ります。

           

          いつもどおりパソコンでデザインを作って(モザイクあり)

           

           

          版を起して(モザイクあり)

           

           

          刷り上げます!

           

           

          完成しました。

           

           

          これ以上は望めない最適な人材にプレゼントしました。


          大変満足しました。

          来週こそはベイプケースを作ります。きっと。

           

           

           

          「無人島に2つだけ持っていけるなら何を持っていく?」 「好奇心と伊達メガネ。」
          pussy terrorist
          http://pussyterrorist.com

          緊急指令バレンタイン

          2019.02.09 Saturday

          0

            こんばんは、プシテロasaiです。
            もうすぐバレンタインデーですね!
            世界中でカップルの愛の誓いの日とされる記念日。

             

            日本では女性から男性へと、贈るものがチョコレートに限定されているのがいいですね。
            バレンタインデーが男性にマンションを贈る日だったら大変ですね。手続きとか税金とか。
            義理マンションとかもうパワーワードですね。
            こんな感じでしょうか。

             

            義理マンション。

            北向き。お風呂、トイレなし。

             

            でも世のすべての男性がおもっていると思うんですよ
            渡す側を演じてみたいと。渡すドキドキを味わってみたいと。

             

             

            あれ? これ出来るんじゃないですか。
            行きつけのバーとかお店とかに大量にチョコレートを持ち込んで常連さんとか店員さんに配る。
            イメージ的には、チョコレートを後ろに隠しながら男性の常連さんに

             

             

            『今、いいですか?


            (もじもじしながら)あの、今から真剣な話をするから・・・


            ちゃんと話すと恥ずかしいね。頑張れ私。(深呼吸)


            ・・・好きです。付き合ってください』

             

             

            はい。無理だ。コレ。きっついですね。すべてがきっついです。
            やめましょう。自分が間違っていました。すみませんでした。
            好きじゃないし付き合わないです。テンパって言い過ぎました。

             

            あ、そうか。そうですね。混乱してました。男性に渡す必要はないんですね。
            女性!そう、渡す相手を女性にしましょう。そうですね。やり直します。

             

            チョコレートを口にくわえた状態で、女性の常連さんの髪に触れながら超近距離で話しかける

             

             

            『なあ、今いいか?


            俺のことだけしか考えられないくらい惚れさせてやるから


            俺のモノになれよ』

             

             

            待って。警察。警察を呼んでください。すぐに。今すぐに!無理です。無理でした。
            頭が、頭がおかしい。読者の中にお医者様はいませんか?!
            そもそもチョコレートをくわえた状態でどうやって会話してるんだ。
            あ゛あああああ。

             

            どこで間違ったんだろう。当日は早く帰って家で寝ます。

             

             

            バレンタインに呼ばれんたいん
            pussy terrorist
            http://pussyterrorist.com


              ≫ pussy terrorist TOPへ